婚姻事実さえ載せれば写真の有無はどっちでもいい

t2_w_apl0004w_wh00_n02-horz

結婚報告を兼ねた年賀状は写真入りでないといけないかというと、どちらでもいいのではないでしょうか。

当然結婚したことをまだ報告していないのなら報告することがマナーですが、
結婚式を挙げない、写真も撮らない夫婦も増えてきました。
そうなると報告を兼ねた年賀状のためにわざわざ写真を撮らなくてもいいのではないか、とも思います。
それに最近は写真つきの年賀状自体を貰うことを嫌う方もいます。

中には夫婦仲が上手くいっていない人もいるしょうし、
そういう方は他人とはいえ写真つきの結婚報告は見たくないのではないでしょうか。

ただもちろん結婚した相手の顔をちゃんと知って欲しいと思うのなら写真つきの年賀状にした方がいいと思います。
年配の方だと写真つきの年賀状の方が近況がよくわかって喜ばれるのではないでしょうか。

なので結局は写真をつけるかつけないかは送る側が考えて、どちらでもいいのではないか、と思います。
きちんと結婚したことを文面に書き、新居の住所を記すことがまず大事だと思います。

(さき/女性/34歳)